帰ってきてた事務員のひとりごと

熊本にあるパソコンスクール・子どもプログラミング&ロボット教室やってる代表がむりくり仕事時間に趣味の話とかをするブログ

死亡フラグから派生するアンチ

さて、世間には非常に多くのフラグが落ちています。


通勤・通学中にベンツで轢かれたら玉の輿へのフラグが立ちますし


朝からぶつかった見知らぬ小生意気な女の子は間違いなく転校生フラグですし


高校生になった男の子が自転車に乗りながら「空から女の子が落ちてこないかなー」と言えば、他のびっくりする方法で女の子が現れるフラグですし


イチゴ柄のパンツを見ようものなら4人の女の子に翻弄され、最終的にソレジャナイ彼女をゲットして読者を若干ガッカリさせるフラグだったりとか*1


そんなうきうきフラグが乱立する今日この頃ですが、これだけは言ってはいけないとされる「死亡フラグ」という物が世の中には存在します。ミステリーやホラーではおなじみですが「殺人犯と一緒になんか居られるか!俺は隣の部屋で寝る!」とかいうあれですね。関西弁の成金風オヤジなども存在するだけで死亡フラグ立ちますね。


しかしもっとも有名な物は戦争などでささやかな夢を語ること。
「俺…この戦いが終わったら結婚するんだ…」などはもう100%生きては帰れません。バルスに匹敵する滅びの呪文です。


なぜこんなことを書くかというと明日から3日間東京で研修なんです。そしてその研修が終わったら新しい講座を企画することになっているのです。


そう、死亡フラグ風にいえば


「俺…この研修が終わったら新規講座立ち上げるんだ…」


これですよ!!おわったわー、事務員の仕事完全に終わったわー
などと朝から考えておりました。雷がすごくて眠れやしない。


さてさて、マンガの話が折良く出てきましたので事務員がどうしてもどうしてもどうしても許せないマンガを一つご紹介したいと思います。


WORST(ワースト) 1 (少年チャンピオン・コミックス)

WORST(ワースト) 1 (少年チャンピオン・コミックス)

Worst、高橋ヒロシ先生ですね。
高橋ヒロシ先生といえば
クローズ完全版 1 (少年チャンピオン・コミックス)

クローズ完全版 1 (少年チャンピオン・コミックス)

クローズですよ。ヤンキーがのし上がっていく昔流行ったアレですよ、事務員は根暗オタクなのでヤンキーマンガは基本的に全く興味がありませんでしたが、元ヤンキーの旦那ちゃんが面白いから読んで!って言うので読みましたら本当に面白くて…悔しい…でも…!!ってなったやつです。


で、WORSTはその続編というかクローズと舞台は同じでクローズの主人公が卒業した後くらいから始まるわけですよ。
主人公は1巻表紙にのっている丸坊主の「花」。とにかく強い。見ていてすっきりするくらい強い。むしろチート


この花ちゃんがトップ不在と言われる鈴蘭高校をまとめ上げていくヤンキーマンガで胸熱!!と毎回楽しみに読んでいましたが、突然それは訪れました。10巻くらいだったかなー
花ちゃんの友達が花組という組織を作って、よしこれから学校統一だ!と思った次のページにでかでかと


「この1ヶ月後、花組は鈴蘭高校を制圧したのである」



…えっ


そのプロセスが読みたくてここまで買ってるのに。
確かに他校との抗争をメインで書きたいのかも知れないけど、そのプロセスが読みたくてここまで買ってきてたのに…
そもそも
文字で書くならマンガいらなくね!?


と思ってしまったわけで
その後も14巻くらいまでは買ってみましたけど
意外と抗争シーンが見開き文書2ページで終わってしまったりとかやられちゃったので頭に来て読むのをやめました…鉄生さんいきなり死んじゃうし…


最近はマリア+ホリック アライブが楽しくて仕方ありません。オープニングの曲が頭から離れない…

*1:少なくとも事務員は完全に東城さんでした