読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰ってきてた事務員のひとりごと

熊本にあるパソコンスクール・子どもプログラミング&ロボット教室やってる代表がむりくり仕事時間に趣味の話とかをするブログ

入院直前の悪あがき

明日の朝7:30には病院に入っていなくてはならない事務員ですこんにちは。
というわけでいよいよ事務員の入院生活スタートですよ。
大腸カメラのため、下剤を服用して下さいって言われて初っぱなから忘れたり
下剤服用した後に水分を摂るのを忘れて
真夜中に脱水症状になって一人倒れてたり
久々に死ぬかと思った一日でした


入院前からこんなんで大丈夫か
(そういえば最近めっきりエルシャダイネタを目にしなくなったがやはりクソゲーだったのだろうか)


一応パソコンは持ち込む予定(病院の許可済み)なので
来週くらいからブログの更新は出来るかも知れませんが
座れるかどうかも不明の状態のためお約束はできません。
書いたとしても病院ネタオンリーですが


ちなみに今回の手術ですが

ここら辺の内側に膿が溜っていて、それを取り出す手術は行ったので
この部分に膿が開けたトンネルを
周りの肉ごと取り除いて、自然治癒を促すという…


いささか乱暴な治療法だと事務員は思っております。
しかしそれしか方法がないそうですよ
ええそうですね、痔瘻なんかになる事務員が悪いですね。


しかし痔瘻という病気はおなかの弱い人がなりやすいらしくて
事務員は高校生の時から1食ごとに下すという体質でして
それに関しては過敏性大腸炎とかだろうと思っていたので
(だからといって痩せていた訳ではないことに憤りを隠せない)
そのことを先生に告げましたら


先生「…うーん、もしかするとクローン病かもしれませんね。事務員さん大腸カメラはやったことありますか?」


あるかいそんなもん。「ありません」


先生「クローン病の場合は再発の可能性が非常に高いのと、難病指定されていますので別の治療法を考えないといけません。よし、大腸カメラしましょう」


とね。というわけで明日大腸カメラなんですよーーーーぅ
腹下すとかいわんならよかった!!
そして次の日手術です。
また腰に注射
また腰に注射


腰の注射が死ぬほど嫌だ。
痛くないけど気持ち的にすごく嫌。
注射は腕にするものなの!


とりあえず3日間ほどは術後の痛みとの戦いかと思われます
じゃあ皆さんまた月曜日にお会いできたら素敵ですね…